びまん性脱毛症

びまん性脱毛症とは

女性が脱毛で悩む場合は、たいていの場合、びまん性脱毛症が原因となっています。
びまん性脱毛症とは、頭部全体に均等に脱毛がみられる症状のことを指します。特に、頭頂部の皮膚が透けて見えるような感じとなります。ちなみに、「びまん」とは、一面に広がるという意味です。一般的には、遺伝、偏食、ストレス、過剰なダイエット、間違ったヘアケアなどがびまん性脱毛症の原因として考えられています。

びまん性脱毛症の特徴

びまん性脱毛症は、中年以降の女性によく見られる脱毛症です。初期症状は、男性型脱毛症と同様に毛髪の成長が休んでしまう休止期毛と呼ばれる毛髪の割合が多くなります。休止期毛が増えた結果、抜け毛が増えてきて脱毛症へと進行するのです。
男性型脱毛症であれば、脱毛部分が前頭部の生え際がだんだん後退していくのですが、びまん性脱毛症の場合は、頭全体が均等に薄く脱毛していくため、男性型脱毛症のようにはっきりとした脱毛部を特定することができないのです。

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症は、主に次のようなことが原因で発生しているものと考えられています。

びまん性脱毛症の対策

びまん性脱毛症になってしまったら、早めの対策がおすすめです。
まずは生活様式を見直し、問題があれば改善することがびまん性脱毛症を治す近道となります。
上にも紹介したびまん性脱毛症の原因となる「ストレス」、「ダイエット」、「過度のヘアケア」などをできるだけ排除することが重要です。もちろん、育毛剤を利用したり、専門医にかかって治療をすることは重要ですが、脱毛の原因を取り除かなければ効果がなかなか上がりません。
なので、びまん性脱毛症かも?と思ったら、まずは生活の見直しをやってみることから始めましょう。